ボトックスで治療できる多汗症とは

多汗症は交感神経の調子が悪くなることから汗を異常に多くかく症状で、たとえば手のひらや脇、頭などにその症状が出ます。
多汗症を治すにはボトックス治療というのがあり、主に手のひらやわきの下に使います。

ボトックス治療が行われる場合、多汗症とワキガは、よく混同されるようです。
多汗症の症状は異常にたくさんの汗をかくことですが、ワキガは汗に独特のにおいがあるのが特徴で、その症状も治療も異なるものなのです。

現代では食文化の欧米化で肉を食べる機会が増えたことにより、昔より体臭がきつくなっています。
清潔であればあるほどいいという傾向があり、そのせいでにおいに対しても神経質になる人が増え、多汗症の人はそのための体臭も気にするあまり、人と接触するのが怖くなっている場合もあるでしょう。
多汗症は交感神経切除による形成手術やボトックスなどで治療することが可能です。

多汗症の原因はエクリン汗腺からの発汗であるから、ボトックス治療ではこのエクリン汗腺の動きを鈍くすることから始めます。
エクリン汗腺から出される汗は水分が中心で、これは体内から熱を放出するためです。
通常は、汗は暑いときや体を動かしたときにかきます。
汗を出す部位はもうひとつアポクリン汗腺があり、毛穴と繋がって脂肪や鉄分、アンモニアなどの体内の老廃物を体外に排出する効果があります。
アポクリン汗腺はその汗がワキガの原因となっているのですが、ボトックス治療ではそれを治すことはできません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。