多汗症治療に使われるボトックスとは

ボトックスは多汗症の治療に使われますが、、FDA(米国食品医薬品局)にも承認された医薬品で、アメリカのアラガン社という製薬会社が販売しています。

眼瞼痙攣や斜視の治療薬として開発されたボトックスは、今では多汗症治療にも用いられています。
ボトックスの有効成分であるA型ボツリヌス毒素は、ボツリヌス菌が作る猛毒のうちのひとつです。
猛毒のボツリヌス菌といっても、使われるのはほんのわずかで、多汗症の治療では血液中に入れられるのではないので、心配はありません。

ボトックスの働きは、一時的に筋肉が動かないように阻止することです。
筋肉と神経の接合部に働いて筋肉の収縮を弱めます。
このようなボトックスの性質は、多汗症の治療だけでなく、しわの治療としても利用されています。
多汗症の症状は神経伝達物質アセチルコリンからエクリン汗腺に汗を出すよう指示が出て、大量に発汗されるのです。
多汗症の治療として、アセチルコリンの働きを阻止して汗が出るのを抑えるのが、ボトックスの力です。

発汗のもう一つの源であり、ワキガの原因となるアポクリン汗腺の働きを弱めることはボトックスではできません。
ボトックスのようなA型ボツリヌス毒素製剤には、イプセン社の開発したディスポートや中国製のBTXAがあります。
このうちのBTXAは大変安価であることが売りのようですが、アメリカや欧州ではまだあまり販売されていないようで、日本でもほとんど使われていないのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。