多汗症のボトックス治療

多汗症をきちんと治療する場合は、汗が多量に出る部分を切開し、汗腺を完全に取り去る汗腺除去法が施されます。
体にメスを入れるということに抵抗のある人もいるでしょうし、またそれほど重症の多汗症ではないという人は、ボトックス治療がいいでしょう。

ボトックス注入法は多汗症の症状はあっても汗の臭い自体は比較的薄い人や、季節によって発症の程度が異なる人、手のひらなどに対して行う多汗症の治療法です。
アポクリン汗腺の作用を押さえ込むことは無理なので、ワキガ自体は治療できませんが、ボトックスによって汗の量はずいぶん抑えられます。
雑菌の繁殖する要因を減らすことで汗の臭いを抑える効果が期待できます。

ボトックスによる多汗症治療は、汗の気になる部分に直接ボトックスを皮下注射します。
手術は5〜10分くらいで終了し、簡単なので診察に行ったそのときに受けることも可能で、またアレルギーを心配する必要もないのです。

通院や入院の必要はなく、術後の腫れや痛みもほとんどなく、当日から普段通りの生活ができます。
通勤や通学も全く問題なく、シャワーを浴びることも大丈夫です。
施術直後は変化はありませんが、数日〜1週間で効果が現れ始めます。
発汗量を抑えるとともに、細菌が繁殖しないようにするには、ボトックスの治療とともにレーザー治療を行うといいでしょう。
多汗症が治ると同時に、汗のにおいがなくなり、衣服が黄ばむこともなくなります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。