ザ!世界仰天ニュースに出ていた多汗症の女子高生

先日の「ザ!世界仰天ニュース」にたくさん汗をかく女子高生が出ていました。
汗のせいでパソコンが壊れてしまう、携帯電話も汗で壊れる。。
しかし、手術をすることで汗が止まった!とやっていました。

しかし、高額でリスクの高い手術など必要ありません。
 
手術をお考えの方、迷っておられる方は
ちょっと待ってください。

28年間「ワキガ」に苦しんだ私が、ある名医との出会いで、
手術をすることなく根本から「ワキガ」を克服できた方法を
お伝えします。


・高額な手術費を使ったのに、またニオってきた
・手術をするか迷っている
・シャツの黄ばみでオシャレができない
・お子さんの体臭で悩んでいる
・周りを気にしないで毎日を送りたい
 
 
そんな方は、今すぐ読んで下さい

>>http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=14581

私は28年間「ワキガ」で悩んできました。
  
◎ 電車の中で、鼻をおさえてジロジロ横目で見られたり
◎ 上司からは「お前、風呂に入っているのか?」と言われたり
◎ 恋人にベッドの中でイヤな顔をされたり

「ワキガ」のせいで、たくさんのイヤな想いをしてきました。

もし、あなたも私と同じような想いをされているとしたら、
そして悩んでおられるとしたら、この手紙を読まれる事で、
すべて解決します。 


ご安心下さい・・・

あなたにも簡単にできます。

 
ある事がキッカケデで、国内でもNO.1と言われる名医との
出会いから、根本的にワキガを克服する事ができたのです。

その方法が、この手紙の中に書かれています。

あなたはもう、お一人で悩む必要はありません。


90日間、完全保障付です。
更に無制限メールサポート付。


>>http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=14581

多汗症退治人が教える!10日間改善法


昔は、こんなに汗をかくことはなかったのですが、

太りだした頃から汗をかくようになりました。


やはり、体重と汗の量は関係があるのですかね?


“汗かき”とか“代謝がいい”などの

レベルではありません。


汗だくでもう大変です(-_-;)



なかでも特にヒドイのはワキ汗です。


できるだけ汗ジミの目立たない色のワイシャツを

選んでいるつもりなのですが、

気がつくとワキが汗ジミになっているのです。


汗ジミと同時に気になるのが汗のニオイです。


恥ずかしい気持ちと周囲の人を不快な思いを

させてしまっているのではないかと

気が気ではありません。


冬場は、さすがにそこまではいかないものの、

一年中365日、常にワキは湿っているのです。




なにかいい方法はないかと探していたときに

この『10日間改善法』をみつけました。


このワキ汗がたったの10日で改善されるのなら、

こんないいことはないと思い、試してみることに

しました。


本当にたったの10日で改善するのかと

疑っていたところもあるのですが、効果は本当でした。


自分に合った治療法をマニュアル通りに

実践してみたところ、1週間ほどで効果が現れました。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=48620


驚くことに、あんなに大量の汗をかき、

常に湿っていたワキが、汗をかくことがなくなり、

湿っていることがなくなったのです!


汗をかくことがないため、ニオイが気になることも

なくなりました。



ワキ汗やニオイを気にすることがなくなり、

ストレスが解消され、仕事にも集中することが

できるようになりました。


また、汗ジミを気にせず、着たい服が着れるように

なり、おしゃれを楽しみながら、毎日を楽しく

過ごしています。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=48620


多汗症のボトックス治療

多汗症をきちんと治療する場合は、汗が多量に出る部分を切開し、汗腺を完全に取り去る汗腺除去法が施されます。
体にメスを入れるということに抵抗のある人もいるでしょうし、またそれほど重症の多汗症ではないという人は、ボトックス治療がいいでしょう。

ボトックス注入法は多汗症の症状はあっても汗の臭い自体は比較的薄い人や、季節によって発症の程度が異なる人、手のひらなどに対して行う多汗症の治療法です。
アポクリン汗腺の作用を押さえ込むことは無理なので、ワキガ自体は治療できませんが、ボトックスによって汗の量はずいぶん抑えられます。
雑菌の繁殖する要因を減らすことで汗の臭いを抑える効果が期待できます。

ボトックスによる多汗症治療は、汗の気になる部分に直接ボトックスを皮下注射します。
手術は5〜10分くらいで終了し、簡単なので診察に行ったそのときに受けることも可能で、またアレルギーを心配する必要もないのです。

通院や入院の必要はなく、術後の腫れや痛みもほとんどなく、当日から普段通りの生活ができます。
通勤や通学も全く問題なく、シャワーを浴びることも大丈夫です。
施術直後は変化はありませんが、数日〜1週間で効果が現れ始めます。
発汗量を抑えるとともに、細菌が繁殖しないようにするには、ボトックスの治療とともにレーザー治療を行うといいでしょう。
多汗症が治ると同時に、汗のにおいがなくなり、衣服が黄ばむこともなくなります。

多汗症治療に使われるボトックスとは

ボトックスは多汗症の治療に使われますが、、FDA(米国食品医薬品局)にも承認された医薬品で、アメリカのアラガン社という製薬会社が販売しています。

眼瞼痙攣や斜視の治療薬として開発されたボトックスは、今では多汗症治療にも用いられています。
ボトックスの有効成分であるA型ボツリヌス毒素は、ボツリヌス菌が作る猛毒のうちのひとつです。
猛毒のボツリヌス菌といっても、使われるのはほんのわずかで、多汗症の治療では血液中に入れられるのではないので、心配はありません。

ボトックスの働きは、一時的に筋肉が動かないように阻止することです。
筋肉と神経の接合部に働いて筋肉の収縮を弱めます。
このようなボトックスの性質は、多汗症の治療だけでなく、しわの治療としても利用されています。
多汗症の症状は神経伝達物質アセチルコリンからエクリン汗腺に汗を出すよう指示が出て、大量に発汗されるのです。
多汗症の治療として、アセチルコリンの働きを阻止して汗が出るのを抑えるのが、ボトックスの力です。

発汗のもう一つの源であり、ワキガの原因となるアポクリン汗腺の働きを弱めることはボトックスではできません。
ボトックスのようなA型ボツリヌス毒素製剤には、イプセン社の開発したディスポートや中国製のBTXAがあります。
このうちのBTXAは大変安価であることが売りのようですが、アメリカや欧州ではまだあまり販売されていないようで、日本でもほとんど使われていないのです。

ボトックスで治療できる多汗症とは

多汗症は交感神経の調子が悪くなることから汗を異常に多くかく症状で、たとえば手のひらや脇、頭などにその症状が出ます。
多汗症を治すにはボトックス治療というのがあり、主に手のひらやわきの下に使います。

ボトックス治療が行われる場合、多汗症とワキガは、よく混同されるようです。
多汗症の症状は異常にたくさんの汗をかくことですが、ワキガは汗に独特のにおいがあるのが特徴で、その症状も治療も異なるものなのです。

現代では食文化の欧米化で肉を食べる機会が増えたことにより、昔より体臭がきつくなっています。
清潔であればあるほどいいという傾向があり、そのせいでにおいに対しても神経質になる人が増え、多汗症の人はそのための体臭も気にするあまり、人と接触するのが怖くなっている場合もあるでしょう。
多汗症は交感神経切除による形成手術やボトックスなどで治療することが可能です。

多汗症の原因はエクリン汗腺からの発汗であるから、ボトックス治療ではこのエクリン汗腺の動きを鈍くすることから始めます。
エクリン汗腺から出される汗は水分が中心で、これは体内から熱を放出するためです。
通常は、汗は暑いときや体を動かしたときにかきます。
汗を出す部位はもうひとつアポクリン汗腺があり、毛穴と繋がって脂肪や鉄分、アンモニアなどの体内の老廃物を体外に排出する効果があります。
アポクリン汗腺はその汗がワキガの原因となっているのですが、ボトックス治療ではそれを治すことはできません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。